俺がこの世で一番苦手なものはマジックテープのビリビリ音です

心霊信じないし絶叫マシーンの何が怖いのか分からないし苦手なものなんて基本なにもないんだけどマジックテープの音を聞くとなぜか異常な嫌悪感と恐怖に襲われるので俺の近くでビリビリやらないでくださいね

同じ人いないかな?マジックテープの音が嫌いって人ちょいちょいいない?

まぁそれはともかく、夏も終わりなんで歌舞伎町であった恐い話でもしようかと思います

もう3、4年くらい前だろうか

夜中の3時頃、酔っ払ってラーメン食って帰ろーとしたところで女の子に声をかけられ

「○○って店の○○ってホスト知りませんか?私福岡から来たから歌舞伎町全然分からなくって…」

的なことを聞かれた

そのホストさんの名前は勿論、店の名前すら聞いたこともなかったので知らないですつって去ろうとしたんだけど

見るとその子はキャリーを引き、ガリガリの体に絵に描いたようなリスカ痕だらけ

酔った頭で「福岡で本営されてたホストが突然いなくなり探し回って歌舞伎町にいることを突き止めいても立ってもいられず着の身着のまま飛び出して来たのだろう」

みてーなホ○ラブ小説的なアレをでっち上げ、ヒマだし一緒に探してあげよっかなーとか思ったわけよ

そんでその店をホスホスで探してあげたんだけど、店は確かにあるけどその名前のホストは載っていなかった

その店まで案内してくれませんか?

と言われ、すぐ近くだったので連れて行ってあげた

「お手数おかけしてすみません」
「帰り道だし全然いーですよー(あわよくばお礼にシャンパン入れに来てくんねーかな)」

等と極めて和やかな話をしながら歩き、その店が入っているビルに到着

んじゃあとは頑張ってねー的な感じで帰ろうとすると

「え?なんで帰るんですか?」
「あ、いや他店のホストいると話ややこしくなっちゃうと思うんで僕は去りますねー」

みたいな返しをした瞬間

 

 

 

 

「なんで一緒にきてくれないのおぉぉおぁぉぉぉうぅぅ!!!んあぁぁぁぁぁぁぉこのひとでなしいぃぃぃぃんぉぉおぉぉぉ!!!!」

などと喚きながらキャリーを投げつけてくるではありませんか!

直撃した悠雅さんは痛いわムカつくわだしあまりの急展開についていけなかったので叫び声を聞き店から出てきたホストさん達に丸投げして逃走しました

見事な暴れっぷりだったのでその後警察に保護されたかと思いますが、詳細は不明

恐かったです

ホストなんて若い女の子と酒飲んでイチャイチャしてるだけじゃん。楽でいいよね

のようなことをちょくちょく言われるし否定はしません

しかし、このような修羅場を我々は日常的にくぐり抜けてきています

明らかに致死量の酒をムリヤリ飲まされた日も

売掛100万ある子に着拒された日も

信用してた子が他店のホストと歩いてるのを見てしまった日も

ハイヒールで頭かち割られた日も

包丁で刺されそうになった日も

俺らは笑顔で出勤してます

てわけで俺は「病み営」するホストを認めていません

悠雅の弱ってる姿私には見せて?

みたいなことを言われ別に元気なのにあえて病んだふりをしたことがあるんだけどホントに病んできてしまったので二度としたくないです

まぁ、売上はあがったけどな!

これを読んだ新人の皆さん

「やべー病んだ今日もお茶で先輩にめっちゃ怒られたしお客さんみんな既読スルーだし俺ってなんなんだろ?ホストの才能ないのかな?もう死にたい」

みたいなラインを恥も外聞もなく片っ端から送りまくれば50万くらいまでは売れるよ、多分

病み営ってのは俺は認めない=尊敬はできないってだけであって、方法論としては1つの正解だろうしね

てわけで次回は

ホストの営業方法一覧

を書きたいと思いますけど、先日副社長と会長にお前のギリギリなブログ読んでるよーとそこはかとないプレッシャーをかけられたのでやっぱやめとくかも

お盆休み中、実家帰って近くの公園まで犬と散歩行ったら綺麗な蝶がいました

花や蝶を愛でるようになったらヤバいってマツコが言ってた気がする

こーゆー写真、お年寄りの趣味ブログで見た覚えあるもんね

さようなら

LINE ID:10ve-robin

食っちまった…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれないコメントは弾きます